祭壇は宗教によって違います!

葬儀という時には様々なことを決めていかねばなりませんよね。決めなくてはならないこと、というときに葬儀の規模、遺影に使う写真などを思い浮かべる人が多いかと思いますが、実は祭壇にも色々な種類があるため、宗教に合った物を選ばなくてはならないのです。
私の家は昔から仏教のスタイルで執り行うと決まっていたのでそれほど困ることはありませんでしたが、普段から自分の家族、家系がどのような宗教であるかを知っておく必要があります。
いざというときになにもわからない状態だととても困ったことになってしまいますからね。

その種類についてですが仏式、神式といった形が一般によく見られる種類の祭壇です。
実際、日本では9割以上が仏式の葬儀を挙げていると言われています。
ただ一言に仏式といっても祭壇も料金によるグレードの差があるので、その中から適切なものを選ぶ必要があります。
またそれ以外ではキリスト式、自由式といった種類の祭壇がありますので、別に仏式以外であるから選択肢がなくなるといったことはありません。
経験上、祭壇に関することでも葬儀社に相談すれば親切に対応してくれるのでそれほど困ることはないでしょう。

このようにニーズが多様化する中で葬儀社も様々なタイプの葬儀の形に対応してくれるようになりました。
ですので、希望する葬儀の形があるのでしたら満足できるサービスを提供してくれる葬儀社を探してみるのが良いでしょう。
特に今回取り上げた祭壇は会葬者の人たちにも見られる部分ですから、個人的には皆が納得できるようじっくりと選ぶことをおすすめします。