葬儀にかかる時間

最近、段々と暖かくなってきましたが皆様いかがお過ごしですか?自分は遠方の親戚の家に行ってきました。
残念ながら旅行とかではなく葬儀に出席してきました。
かなり遠く離れた場所に住んでいる親戚で長期の滞在を覚悟していましたがその親戚からは、一日で済むと言われました。
直葬にするのかな?それだったらこんな遠くに住んでいる自分は呼ばれないのでは(-ω- ?)などと色々考えましたが答えは出ず、とりあえず行ってみることにしました。
親戚の家に着き挨拶もそこそこに、早速どうやって一日で葬儀を済ませるのか聞いてみました。
その親戚の口からは一日葬という初めて聞く葬儀の名前が出ました。
一日葬というのは早い話が通夜を行わない葬儀のことだそうです。
同じ一日で終わらせることのできる葬儀の直葬と違い、告別式等は行いつつ一日で葬儀を終える事ができるのが一日葬だそうです。
今回の自分のように遠方からはるばる来る人達に通夜の夜に泊まってもらうのが忍びないという考えから一日葬を選んだそうです。
せわしない葬儀になるのでは?と思ったのですが、通夜の準備に追われることが無いためか、思ったよりも葬儀がゆっくりと進んでいたように感じました。
また、通夜を行わないため、葬儀に掛かる費用が多少安くなるようです。
これは流行る!と親戚は言っていましたが、今後こういった簡単な葬儀の需要が高まっていくのでしょうか?
自分には分かりませんが(;・∀・)
どちらにせよ、いつか来る日のためによくある葬儀の疑問辞典などでもう少し葬儀の知識を付けておいた方が良いかもしれませんね。